マラソン練習直後の疲労回復にウイダーinゼリー

ランニング

マラソン練習直後30分間は、”ゴールデンタイム”と言われています。

疲労を回復するためにも記録を伸ばすためにも大切な時間になります。

 

 

マラソン練習では、筋肉も内臓も疲労します。

練習後はすぐに回復に向かわないといけない。

 

 

練習後30分以内は、最も栄養の吸収が良いということが証明されています。

疲労をより早く回復する、練習の効果を高めるためには、

この30分以内に、より良い栄養を摂取することが非常に重要になってきます。

 

 

このタイミングで、摂取した方が良いものが”糖質”です。

走ると、筋肉のグリコーゲンを消費するので、

糖質を補給しないとエネルギー不足で疲労していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで糖質補給におすすめなのが、

喉越しが良く、大抵のコンビニで手に入る『ウイダーinゼリー』。

走り終えた場所の近くにあるコンビニで買って飲める手軽さが魅力です。

 

 

走り終わった直後30分以内に、コンビニに駆け込んで

ウイダーinゼリーを買って飲む! これだけ!

これで疲労を次に持ち越さない体を作り、レース後半に強い体も作ることができます。

 

 

このように糖質を補給する習慣をつけると、糖質を身体に貯蔵する能力がアップします。

箱根駅伝で4連覇を果たした青山学院大学も練習後にウイダーを飲んでいることで有名。

走り終わったらダラダラしないで、10秒チャージしよう!

 

 

また、レース前日や当日にもウイダーinゼリーを追加しましょう。

レース当日はスタートぎりぎりまで走るためのエネルギーをチャージすることで、

後半のエネルギー切れを防ぎます。

 

 

(1994年の発売以来「ウイダー」の略称で親しまれてきた同商品、

2018年3月から商品名は「inゼリー」に変わり、ウイダーという名前はひっそりと削除された)