「走って悩んで見つけたこと」大迫傑 現マラソン日本記録保持者の思考とは

ランニング

市民ランナーのカリスマ、大迫傑、初の著書。

MGCの前に、オリンピックの前に必読の書。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大迫傑は、悩みはすべて走ることで解決してきたと言う。

走っている間は、自分自身とじっくりと向き合え、答えを見つけられるのだと。

「僕が走ってきた中で見つけたこと、出会ったこと、

現在の僕を形作っているものについて振り返ってみた」のが本書の内容。

大迫傑の、強さも弱さもすべてがさらけだされ、

そこにこの本を出すことの覚悟、これから挑むことへの覚悟を感じる。

彼が教えてくれるのは、走ることの辛さと喜び。そしてそれを経験して学ぶ”生き方”。

マラソン日本記録保持者の葛藤から生まれた思考法が1冊に詰まっている。

〈目次〉

・自分の道を選ぶこと。
・マラソンを走るということ。
・どんな結果も受け止めること。
・環境が変わっても生き残る力を持つこと。
・「今」を積み重ねること。
・意志を持ち続けること。
・ライバルをリスペクトすること。
・不安をコントロールすること。
・言い訳をしないこと。
・目標を立てること。

 

通常のマラソン本とは違います。

具体的な練習方法やフォームのことは、書かれていません。

 

マラソンに対する思考力が

大迫選手の強さの源になっているのが分かります。

メンタルの強さ、ストイックさ‥。

自分自身をどうコントロールしていくか。

できる理由だけを見つけて、今やれることだけをやり切る。

 

その考え方は市民ランナーにも非常に参考になります。

行き詰まったとき、心を突き動かしてくれる本です。

ヒントを見つけてください。あなたも変われます。

 

 

 

ちなみに、レース前の大迫家の食事は以下の通り。

▼レース前日   うなぎ。(米国では冷凍のものをスーパーで仕入れる)

▼レース当日   大迫家直伝ポトフとオムレツ。

▼レース前の補食 カステラ。(トラックでもマラソンでも必ずカステラ)

▼水分補給    コンディショニング飲料として「健康ミネラル麦茶」。試合前だけでなく日常的に補給。遠征先でもパウダー状のものを利用。