大田原マラソン来年から休止!?

ランニング

栃木県で11月23日に開催されている大田原マラソンに、

こんなニュースが飛び込んできました!

 

【二大イベントの休止検討 財政状況などを考慮 大田原市】

大田原市が、市の二大イベント「大田原マラソン大会」と「大田原与一まつり」を休止する方向で検討していることが20日、分かった。休止期間は、東京五輪がある2020年から「とちぎ国体」が開かれる22年までの3年間を想定。新市庁舎建設などに積極投資を行った財政状況を考慮し、市の事業全般の抜本的な見直しに着手する。
大田原マラソンは1988年、フルマラソンでは県内唯一の日本陸連公認大会として始まったが、近年は各地で市民マラソン大会が開かれるようになるなど、環境も変化してきた。23日に開かれる32回大会の参加者は、前回より約650人少ない約3500人となった。

 

まだ決定では無いですが、残念なニュースです。

マラソンやめて新庁舎建設にカネを使いたいんですか、はぁ‥。

 

制限時間4時間のガチな大会で、エントリー料も安い、

良いフルマラソン大会だと思います。

 

自分自身は今回はエントリーしていませんが、

最近では2年前と4年前と走って、両方とも雨でした。

そして今年も雨。

大田原マラソンは雨率が高いですね。

 

参加者減少傾向にあるのは、開催時期とコースの難易度

以前はエントリー開始1週間で定員に達するほど人気がありました。

しかし、埼玉国際が始まると定員に達することはなくなりました。

また、記録の出にくいコースのため、記録狙いのランナーは

同時期開催のつくばマラソンに流れてしまいます。

つくばはクリック合戦になるほど大人気の大会です。

 

私も近年、大田原を敬遠するようになったのは

記録が出ない、出にくいからです。

(後半の上り+強風向かい風+雨)

このコースでサブ4で走っても満足度は低いです。

 

参加者増加案として

・記録の出る平坦な高速コースに変更する。(昔は2周回コースでした)

・開催日を2月~3月に変更する。(2月3月は栃木県の大会が無い)

 

これをやれば、確実に1000人以上参加者増えます。

要はランナー目線になるかどうかです。

 

日光ハイウェイマラソン、日光ウルトラマラソンは、

ランナー目線じゃなかったので、それぞれ2回で終了しました。

 

 

ハコモノ行政の犠牲になるのはやるせない。

参加料、多少の値上げしても良いと思います。

いくらでも改善策があるので、

休止ありきではなく検討してもらいたいですね。