ミズノの反撃なるか!?

ランニング

ナイキ厚底シューズ旋風が吹き荒れている。

 

マラソンの世界記録もナイキ、日本記録もナイキで、

記録を出すにはナイキ厚底シューズ1択となっている。

 

世界陸連がナイキの厚底を禁止するとの報道もあり、

話題持ちきり、ナイキの宣伝効果は莫大になった。

 

箱根駅伝1~9区の区間賞の選手もすべてナイキを履いた。

しかし、最終10区で区間賞を獲得したのは、

ブランド名やマークが見えない真っ白なシューズ!

 

 

 

 

 

 

 

このシューズがミズノのプロトタイプ。

靴底のクッション部分に独自開発の硬いプレートを挟んだ構造で、

高い反発力と推進力を得られるという。

 

 

ミズノは今夏の新製品発売を目指し、

ウェブサイトに「本気の反撃」という

異例の予告ページを開設している。

陸上競技│ミズノ - MIZUNO
総合スポーツメーカー、ミズノ株式会社が運営する陸上競技情報サイト。最新の製品情報や、キャンペーン情報などを掲載しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【本文】

あのころ、僕らは先頭集団にいた。

つねに勝利を競い合う力を持っていた。やがて、

ぞくぞくとライバルたちが、集団を抜け出していった。

このままトップの背中を見続けるだけで終わるのか。

絶え間ない努力と挑戦を積み重ね、ふたたびライバルたちに

対抗し、そして勝つために、僕らは何度でも這い上がる。

たしかな技術に裏打ちされた、最速のシューズをめざして、

おこせ、長距離レースに新しい風を。

すでに、戦いの火蓋は切られている。

 

これを縦読みすると‥‥。

 

のころ、僕らは先頭集団にいた。

ねに勝利を競い合う力を持っていた。やがて、

くぞくとライバルたちが、集団を抜け出していった。

のままトップの背中を見続けるだけで終わるのか。

え間ない努力と挑戦を積み重ね、ふたたびライバルたちに

抗し、そして勝つために、僕らは何度でも這い上がる。

しかな技術に裏打ちされた、最速のシューズをめざして、

こせ、長距離レースに新しい風を。

でに、戦いの火蓋は切られている。

 

厚 底 絶 対 倒 す !