読書感想

読書感想

「殺し屋やってます」石持浅海 650万円で殺しを請け負う男‥

ひとりにつき650万円で承ります。ビジネスとして「殺し」を請け負う男、富澤。 仕事は危なげなくこなすが、標的の奇妙な行動がどうも気になる―。 殺し屋が解く日常の謎シリーズ、開幕。 ...
読書感想

「八日目の蝉」角田光代 偽りの母子、先が見えない逃亡生活…

「母性」をテーマにした作品。 不倫相手の子供を誘拐した女・希和子の3年半の逃亡劇と、 事件後、大人になった子供・恵理菜の葛藤を描く2章から構成される。 出生、愛情、家族などの日常的な要素が、サスペンス調で描かれる。 ...
読書感想

「シフォン・リボン・シフォン」近藤史恵 ランジェリーショップが舞台の短編集

さびれた商店街に花ひらいたランジェリーショップ、そこに出入りする人々の人生模様。 レースやリボン、小さな花柄の下着が、行き詰まった人間関係をほどいていく。 地方都市に生きる人々の屈託と希望をえがく短編小説集。 ...
読書感想

「結婚は勢いだと他人は言う」日向蓬 適齢期女子に贈るマリッジブルー小説

恋人のままじゃ、ダメ? 誰もが夢見ることなのに私って結婚に向かない女? すべての“適齢期”女子に贈るマリッジブルー小説。 「結...
読書感想

「怒り」(上・下) 吉田修一 惨殺現場に残された「怒」の文字‥

読売新聞・朝刊に連載された後、 上・下編の二部構成で中央公論新社から同日発売された。 執筆のきっかけとなったのは、 千葉の市川で起こったリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件。 ...
読書感想

「池袋ウエストゲートパーク」石田衣良 2020年TVアニメ化決定

原作累計420万部を突破し、TVドラマ化・舞台化など数々のメディアミックスを遂げた 石田衣良による小説『池袋ウエストゲートパーク』シリーズ。 「憎悪のパレード」(シリーズ第11弾) ...
読書感想

「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」池井戸潤 半沢直樹シリーズ続編

何年か前にTVドラマで高視聴率をたたき出した『半沢直樹』。 社内の不正を暴き、スカッとする倍返しを見せてくれました。 ところが、半沢にはまさかの出向命令が…と、衝撃の展開で終わりました。 そのドラマの続編がコレ。 ...
読書感想

「持たざる者」金原ひとみ 平穏な日常が約束された未来が、その一瞬でねじ曲がる‥

震災、原発事故、子供の死、義理の家族との軋轢‥。 抗いようのない形で人生が進んでゆく4人の30代の男女。 四者四様の思いが絡まり合い、人生の葛藤が鮮やかに描かれる。 ...
読書感想

「火星に住むつもりかい?」井坂幸太郎 この状況で生き抜くか、もしくは火星にでも行け

密告、連行、苛烈な取り調べ。 暴走する公権力、逃げ場のない世界。 しかし、我々はこの社会で生きていくしかない。 孤独なヒーローに希望を託して――。 ...
読書感想

「モンスター」百田尚樹 美容整形を繰り返すその先にあるのは‥

町で一番の美女・未帆はかつてバケモノと呼ばれていた。 醜い女が完全なる美を獲得した先にあるのは誰もが羨む幸せか、それとも破滅か。 容姿に恵まれず暗くて辛い子供時代を...