「殺し屋やってます」石持浅海 650万円で殺しを請け負う男‥

読書感想

ひとりにつき650万円で承ります。ビジネスとして「殺し」を請け負う男、富澤。

仕事は危なげなくこなすが、標的の奇妙な行動がどうも気になる―。

殺し屋が解く日常の謎シリーズ、開幕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連作短編集です。

 

殺し屋というと品のない怖い雰囲気の人を思い浮かべるけど…、

…違うんだなぁ! 主人公、カッコイイ!

 

殺し屋の表向きは経営コンサルタント、

愛する彼女もいるごく普通の男性です。

 

殺しの依頼は、名前・住所・写真だけで受ける。

そこからターゲットを調べ上げ、依頼を引き受けた場合は2週間以内に実行するというルール。

 

ターゲットの素性や行動を調べているうちに違和感を感じ、

それを解き明かしていくというようなお話。

依頼を受けてから実行に移すまでの過程がメインです。

 

依頼の仕事を持ち込むのは公務員の友人。

殺し屋の主人公とその友人の関係も素敵な友情で結ばれている。

 

殺し屋は常識で考えると犯罪者でいわゆる悪なんだけど…、

なぜか応援したくなる不思議な魅力のある主人公です。

頭が良くスマートでカッコいい。

ただ、彼の過去に何があったのか、どうして殺し屋になろうと思ったのか…知りたい!

 

相変わらず読みやすい文章で、サラッと読めて面白いのは作者の筆力でしょう。