「旅猫リポート」有川浩 青年と猫のロードノベル

読書感想

さあ、行こう。これは僕らの最後の旅だ。

一人と一匹が見る美しい景色、出会う懐かしい人々。心にしみるロードノベル。

 

 

 

 

 

 

 

本を読んでいてウルッとすることはあるけれど…、

涙が流れ落ちることはそうそうありません。

 

今回は泣けました。

涙が頬を伝わって文字が見えなくなった。

 

猫の話?

動物ものってあまり好きじゃないけど…、

と思いながらも手にしたこの作品。

 

読み進めていくうちに、もしかして…実は…、

と気付くあたりから涙がこみ上げてくる。

どうかこの幸せな時間が続きますようにと願う!

そんな最悪な結末なんてイヤだ!

悲しすぎる…。

 

ネコ目線で描かれてるいるのも、ネコの言葉も、すごくいい。

ネコはナナという名前なんだけど、

主人公とナナの信頼関係、これがね、すっごくいい。

 

ほのぼのとして、そして、せつない。

やられたー。

 

 

実写映画化されました。

2018年10月公開。

主演は福士蒼汰。

原作者の有川浩が脚本も担当しました。