「持たざる者」金原ひとみ 平穏な日常が約束された未来が、その一瞬でねじ曲がる‥

読書感想

震災、原発事故、子供の死、義理の家族との軋轢‥。

抗いようのない形で人生が進んでゆく4人の30代の男女。

四者四様の思いが絡まり合い、人生の葛藤が鮮やかに描かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4人の登場人物のそれぞれのお話です。

根底に流れるのは2011年の震災後の原発事故。

設定は幼い子どもがいる、夫の赴任先の海外で生活している…など。

 

原発の放射能汚染に対する危機感、

その危機感のズレ…。

自分や家族が心地よく暮らすには…と、

生き方を模索する主人公が描かれている。

 

一番面白かったのは原発とは関わりがない4人目の女性のお話。

素直そうな主婦を装う一方で、内面の激しさ。

そのギャップがすごい!

リアルに「ある!ある!」

細かい心理描写に引き込まれ、サラッと軽く読めて面白かった。

 

タイトルの「持たざる者」とはなんだろう?

その反対に「持てる者」とは?…と考える。