「八日目の蝉」角田光代 偽りの母子、先が見えない逃亡生活…

読書感想

「母性」をテーマにした作品。

不倫相手の子供を誘拐した女・希和子の3年半の逃亡劇と、

事件後、大人になった子供・恵理菜の葛藤を描く2章から構成される。

出生、愛情、家族などの日常的な要素が、サスペンス調で描かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなそんなに不倫しているのでしょうかねぇ…。

と思うくらいワイドショーでもよく話題になる「不倫」。

 

不倫に溺れるわけないと思う一方で、どんどん深みにはまっていく。

浮気相手の前ではいい顔を見せる男。

その勝手な男に振り回される主人公。

 

誘拐犯ではあるけれど…、

主人公は誘拐した子に惜しむことのない愛情を注ぐ。

どうか逃げ切って、

安住の地で母娘暮らせるように、

と、いつの間にか感情移入している。

 

誘拐された娘の薫が家族の元に戻ってからの苦悩の日々。

バラバラになった家族の心はそのままだった。

 

 

親子って、家族って…なんだろう。

切ない…。

それでも生きていかなければならないのだ。

 

運命に翻弄され、否応なく複雑な環境で育った薫。

どうかここで負の連鎖を断ち切って欲しい。

 

ほかの蝉に見えないものが八日目の蝉に見えるように…。

ラスト、薫と生まれてくる子の未来も…。

美しい小豆島の空と海のようにあれ。

 

家族とは、母親とは…と考えさせられた作品でした。

 

 

2010年にNHKにてテレビドラマ化、2011年に映画化されました。

 

監督:成島出

主演:井上真央、永作博美

第35回日本アカデミー賞10冠

 

 

 

 

 

 

 

永作博美さんの表情から伝わる気持ちが痛いほど切ない。

そんな心理描写が丁寧に描かれている作品でした。