「人間失格」新潮文庫 太宰は脱稿した1か月後に入水自殺した。

人間失格-表紙読書感想

小説家・太宰治による中編小説。

『ヴィヨンの妻』『走れメロス』『斜陽』に並ぶ太宰の代表作の1つである。

人間失格-表紙

 

 

 

 

 

 

 

高校生の時、文庫本で買いました。

もうその頃の本はほとんど処分してます。

でも、これはいつかまた読み返すつもりで処分しませんでした。

で、読みました!

高校生の時と大人になってから読んでるけど…

内容はすっかり忘れてた。

太宰は昭和23年、39歳で入水自殺をする。

その年に発表されたのが「人間失格」

まず、物語の冒頭から衝撃!

【恥の多い生涯を送って来ました】

いきなりこれです!

みんな多かれ少なかれ恥をかいて生きてるのにね。

生きることに不器用で繊細で傷つきやすい太宰。

もっと楽に生きれば良かったのに…

でも、そうできないから、多くの名作が生まれた。

どれだけ悩んで苦しんで生きたのか…

心揺さぶられる作品でした。

 

新潮文庫ロングセラーTOP20で第2位になってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

実写映画化されています。

人間失格(2010年2月公開)

太宰治生誕100周年を記念して製作された文芸大作。

監督:荒戸源次郎、主演:生田斗真。

 

 

 

 

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年9月公開)

太宰治の小説『人間失格』を原作としたものではなく、

太宰治と3人の女性との関係における実話を基に描いた

フィクション作品となっている。

監督:蜷川実花、主演:小栗旬。