「シフォン・リボン・シフォン」近藤史恵 ランジェリーショップが舞台の短編集

読書感想

さびれた商店街に花ひらいたランジェリーショップ、そこに出入りする人々の人生模様。

レースやリボン、小さな花柄の下着が、行き詰まった人間関係をほどいていく。

地方都市に生きる人々の屈託と希望をえがく短編小説集。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルのなんとも言えないやわらかさ、

気持ちが華やかになるような表紙が素敵です。

 

タイトルの「シフォン・リボン・シフォン」ってなに?

それは……、

さびれた街にできたランジェリーショップの名前でした。

ショップのオーナーや訪れるお客の人生模様を描いたお話です。

 

親子の確執、介護やガンなどの病気、性同一性障害など…

日々様々な悩みを抱えながら暮らしている人たち。

 

家族というのは身近で最強な存在です。

ところが、お互い理解し合えないと厄介な存在にもなる。

他人なら断絶できるけど、家族は切っても切れないから。

 

親からの一方的な圧力、理解してもらえないやるせなさ…。

行き詰まった親子関係や満たされない思い、葛藤…。

 

そんな気持ちを、

「シフォン・リボン・シフォン」というランジェリーショップが、

やさしくほどいていきます。

素敵なランジェリーを身に着けると人知れずウキウキするという経験、

女性ならあると思います。

 

柔らかな優しさを持った文章です。

 

自分を大切にすること。

そして、他人を大切にし、

人を許すこと。

 

そうすることで何かが見えてくるかもしれない。